熊川宿

熊川宿は、若狭と畿内を結ぶ鯖街道(本当は若狭街道)の若狭側の宿場町で、今も昔の情緒が残り、歴史の世界に引き込んでくれる町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。知名度がいま一歩なので、休日でものんびり観られて、私的にはうれしかったです。熊川宿の街並みをゆっくり観ることができました。急斜面の豊かな緑がきれいな山並と清流にはさまれた熊川の町並み、古い港町小浜と琵琶湖畔の近江今津をつなぎ京と若狭・北陸の文化交流の重要なパイプラインですね。白壁の土蔵、古い家並。歴史の深い町には古文書や伝説が多く残っているそうです。