勝山左義長まつり

小笠原公入封以来300年以上の歴史がある、「勝山左義長まつり」は奇祭として、奥越前に春を告げてくれます。近郊の各町内に12基の櫓が建てられて、その上で赤い長襦袢姿の老若男女、大人も子供も交えながら、お囃子と「蝶よ花よ~」の囃子唄にあわせて踊りながら太鼓を叩きます。お祭りの最後を飾るのは、「どんど焼き」です。各々の家から集まった正月の飾りやしめ縄が御神体と共に弁天緑地に集められます。御神火により、一斉に点火されます。これにより、その年の五穀豊穣が祈願されるとのことです。