別府のサバ

サバといえば塩焼きや味噌煮、お寿司のネタとしても使われる。私たちにとって非常になじみ深い魚だ。学校の給食の献立にもあるしアレルギーがある人以外一度は口にしたことのある魚だと思う。しかし大分県別府市のとあるお店で出されるサバは、今まで食べてきたサバの常識をくつがえすとんでもなく美味しいサバだった。大分といえば通常は回遊する魚であるアジやサバが豊予海峡で根付き、佐賀関で水揚げされる『関サバ』や『関アジ』が有名だが、ここでは店主が自ら釣ってきた関サバや関アジをリーズナブルに味わうことができるのだ。値段は少々張るが、3人でシェアしても十分な量だったのでそれを考えると安いかな。ここで出されるサバは見た目から私が知っているサバではなかった。皮目の部分はサバの模様があるのだが、身はまるで一級品のブリのように脂がのっている。他では間違いなくお目にかかれないシロモノだと思う。醤油をつけて一口食べると「今まで食べていたサバは何だったのだろうか」と、かなりの衝撃を受けてしまった。生涯この味を忘れることはないだろう。