けっこう好きかも!

「カニは好きですか?」大多数の人がカニは好きだろうと思う。父親がカニを買って帰ってくれば、「おー!」と子供たちは歓声を上げて喜ぶくらい、冬のご馳走は「カニ」といってもいい。私は味としては嫌いではないけれども、そんなに欲しいという気がしない。なぜなら、カニは食べるのに苦労する。あの細いカニの足から身をほじくり出す作業に時間がかかり冷めてしまう。風味が低下する。家族でつっついて、母に回ってくるのはほんの少しだし。カニって、きっともっとおいしいんじゃないかって思うんだけど、そこまで到達できてないのが今の私の現状で残念だ。たまの旅行で海の近くの料理屋さんに入って魚を食べると、私が住んでいる海のない県で食べるのとは新鮮さが違う。カニもきっと違うだろうな。本物のカニの味を実感してない。本当においしいと思えば、食べるのに時間がかかろうが、食べる量が少かろうが関係ない、欲しい!食べたい!って思うでしょ?私は本物の味のカニに出会っていないんだと思う((+_+))。知らないこともいっぱいある。
カニにもいろいろ種類があって、種類によって味も違えば、適した調理法も違う。例えばタラバガニとズワイガニ。タラバガニの足は太くて身が締まっているので、プリプリとした食感で食べごたえはあるが、淡白なので、調理法はカニ鍋がいいらしい。それに対して、ズワイガニの足は細く身の量も少ないが、甘味があり、うま味があるので、調理法は茹でガニやカニしゃぶがいい。といった具合に、種類によって味や食感が違うから、調理法も変わってくる。形状も全然違うんだけど、何も考えず、ただ「カニ」というだけで茹でて食べていた。知ったからには食べ比べをしたいね。タラバガニの味とズワイガニの味、いつか機会があれば味わってみたい。また、ズワイガニは、産地によって「越前ガニ」「松葉ガニ」とブランド化されるぐらいだから、品があっておいしいんじゃないかな。季節になると、店頭にもカニは並ぶ。でも海の近くに住んでいない私がお得においしくカニをいただくには、漁港直通のネット通販がいい。お店に並んだカニは、業者を介しているため値は上がるし、水揚げしてから食卓に並ぶまでの時間がかかる。鮮度が落ちるね。というわけで、ぜひネット通販でということなんだけど、この宮本鮮魚店さんの黄色いタグの付いた「越前ガニ」、茹で方にもこだわりがある。わたし「カニけっこう好きかも!」( 笑 )