カテゴリー別アーカイブ: グルメ紀行

ジビエ料理

ジビエ料理と聞くと、うさぎ、ハトなどの食材を思い浮かべると思いますが猪や鹿の肉なんかもジビエ料理とよばれるらしいです。要は捕まえた野生動物の料理って事なんだと思います。昔は狩猟するための広大な土地を所有するお金持ちの人しか食べられない高級料理だったのですが最近日本でもじわじわジビエ料理の専門店が進出してきています。家畜の肉と違って余計な脂肪が少なく栄養価が高いので女性に人気らしいですね。プロが調理するので安全だし臭みも少なくておいしいそうです。僕も食べてみたい!けどそんなおしゃれな店に行く自信がないなあ(笑)彼女の一人でもいれば行けそうな気がするのに!ここは勇気を出して女の子を誘って行くしかなさそうだ。

唯一の牛乳

北海道についてネットで検索していたらちょっと気になるものを見つけました。普段僕たちが飲んでいる牛乳は工場で殺菌されて成分を調整した加工品なのですが北海道のとある地域にまったく手を加えられていないまっさらな牛乳を販売している会社があるらしいです。そこの乳牛から生成される牛乳は他の牛乳とちがって含まれる雑菌の数が本当に少ないんだとか。なるほど。だから何もしなくていいんですね~。味は濃厚なのに水のようにさらさら飲めて牛乳特有の匂いもしないらしいです。あの匂いは牛乳を加熱殺菌するときにのたんぱく質が焦げる匂いなので加熱しないから匂いもないのですね。いやあ~飲んでみたい!ちなみに商品の表記も特別牛乳となっていて一般の牛乳とは区別されているみたいですね。通販も発見したので注文してみようか悩んでいます。

桃の節句

僕は男なのであまり意識したことはないのですが、桃の節句に食べるといいと言われているちらしずしと蛤のお吸い物が好きなので今回は桃の節句またの名を「ひな祭り」ついて記述していきたいと思います。ひな祭りの起源は結構怖い感じの話で厄を人形に移して川に流す「流し雛」といった儀式的なものらしいです。その人形は形代(かたしろ)と呼ばれるいわば自分の身代わりで人形を自分の体になすりつけて厄を代わりに持っていってもらうんだとか。それが時代が進むごとに今のスタイルになっていったのですが京都と他の県で御内裏様とお雛様の位置が逆だとか色々としきたりがあるそうです。昔は京の都に朝廷があったので京都を中心に左側に座る方が位が高くなるように置くと鏡のように左右が逆になるのでしょうね。桃の花と柳の葉を飾るのは桃には不思議な力があって悪いものを払うことができ、柳の木は丈夫で次々に新しい芽がでてくるので女の子の健やかな成長と幸せ、繁栄を願うという理由だそう。確かにイザナギの神話で出てきたのも桃だったかも。蛤はついになっている貝殻としかぴったり合わないので一人の人と一生添い遂げられるようにって事らしい(笑)こう書いていると本当に桃の節句って女の子のお祭りなんですね~しかもなんか奥が深い!

高級貝

貝の中でも高級なのはずばり鮑なのではないでしょうか!ふだんなかなか食べる機会ってないと思います。昔の人が言うには妊娠中に鮑をたくさん食べると目の綺麗な赤ちゃんが産まれるのだそうです。僕の母も僕がお腹にいる時に親戚の人からもらったりしてたくさん食べていたらしいです。うらやましいぜ!しかし産まれた当の僕の目は綺麗なのかな??まあ視力は良い方なんですけど特別白目の部分が綺麗ってわけでもないしなあ(笑)鮑には鉄分や亜鉛が豊富だから妊婦さんは食べたほうが良さそうだからこういう逸話ができたのかもしれませんね。値段も高いから赤ちゃんの為ってことにしておいた方がプレゼントしてもらいやすいとか・・昔は男尊女卑でしたし。鮑の名産地は伊勢志摩や房総半島で暗い岩陰に生息していて逃げ足が速いらしいですね。貝なのに足が速いってどういう事なんだろうか?笑

名古屋めし

名古屋めしといえば、エビフライ、味噌カツ、味噌煮込みうどんあたりが思い浮かびますが僕は断然ひつまぶしが好きです!ひつまぶしの食べ方は、まず鰻と薬味とご飯で半分食べた後お好みでわさびを足して出汁をかけて食べます。初めて食べたひつまぶしは細かくカットされた鰻が外はカリッとしているのに身はふんわりと柔らかくとても美味しかったです。名古屋にはひつまぶしの有名なお店があるらしいのですがいつもすごい行列で地元の人もなかなかいけないらしい・・・そんなおいしい店ならぜひ行ってみたい(笑)でも最近の鰻は庶民には値段が高すぎますよね~なんでも鰻の稚魚を養殖することができないため稚魚の捕獲量が減ると値段があがってしまうらしい・・。そして養殖できない理由が稚魚がいまだに何を餌にしているのかわからないからだそう。やっぱり魚は奥が深いな。僕が生きているうちに鰻が安く食べられる日はくるんだろうか?

浜焼きデビュー

今回は初めて浜焼きができる漁港に遊びに行きました。男3人女3人でまあ合コンみたいな感じなんですけどね(笑)そこでは1グループに一つのバーベキューセット(テントなし)が料金に含まれていて、店外にある席に案内された後は自分たちで店内へ行き食材を買いに行くスタイルでした。店内の一角が食材売り場スペースになっており、エビや貝類は水槽の中に入っていて、ホタテやつぶ貝、牡蠣、いか一夜干し、魚の開き、焼きウニ、海鮮焼きそば、お刺身盛り合わせ等は隣の冷蔵ショーケースに陳列されています。それぞれの場所から食べたい食材を選び、自分で取ってお会計レジまで持っていきます。サザエやアワビ等は水槽にくっついているので取るのが難しいですが、なかなかできる経験はないので食べる前のちょっとしたアミューズメントに(笑)エビは自分で取るのは難しいので、女の子たちはお店の方に取ってもらい串刺しにしてもらってましたね。美味しそうな食材がたくさん並んでいるのでどれも食べたくなって迷いまくり・・でも食べたいものがまたできたら買いに行けばいいしお腹の具合を見て決めることができるので〝浜焼き″お勧めです!

伊勢海老が食べたい

今回はいすみ市大原漁港「港の朝市」に行ってきました!なのでその様子を紹介しようと思います。その日は釣りの準備をしていると、例の友人から港の朝市を開催しているという情報を入手。すぐさま寝ている母をたたき起こして食べたいものを買ってあげるという約束をとりつけ車をぶっ飛ばし現地へ!(笑)もちろん会場は大賑わい!ファミリーやカップル、お年寄りなど、幅広い年齢層のたくさんの人がいました。 地元の魚屋さんや八百屋さん、飲食店さんが声を張り上げて商品を販売しています。駅の近くに店を構えているらしい鮮魚店さんの伊勢海老にサザエ、ハマグリどれもイキがいい!特に丸々と太った伊勢海老にはそそられましたね。おじさんの勢いに負けて買ってしまいました(笑)。とりあえず家族への手土産ができて良かった・・(なんて親孝行な息子なんだ!笑)でも伊勢海老って名前からして三重県が有名なのかと思っていたのに実は千葉県の方が有名なんですね!今度は漁港ではなくおいしいお店に食べに行きたいと思いました。

氷見の寒ブリ

北陸新幹線が開通し北陸への行き来がとても便利になりました!都内から約2時間であっという間に北陸に到着!!世界遺産など歴史ある風景の他にも大型アウトレットが新しくオープンするなど若者向けに観光地としてグレードがアップしてきています。また、旅行の楽しみといえばご当地グルメが欠かせませんが北陸といえば日本海の海の幸を忘れることはできません。ほとんどの人がカニを思い浮かべると思いますが、実は寒ブリも美味しいのです。氷見というところが有名との事。さっそく食べに行ってきました。まずは御造り!肉厚で脂の乗った赤と桜色の身がなんとも美しい。御造りを食べた後は寒ぶりの塩焼き!私は塩焼きが大好き。ご主人曰く「能登産の塩がかかっていますので、大根おろしにお醤油をかけないでお召し上がりください」だそうです。大丈夫!私は大根おろしにお醤油をかけない派ですから(笑)じゅわじゅわっと肉汁ならぬぶり汁が口いっぱいに広がり、じーんととけてなくなりました。いやいや・・本当に美味しいものをいただいている間は、自然と無口になってしまいますね。

別府のサバ

サバといえば塩焼きや味噌煮、お寿司のネタとしても使われる。私たちにとって非常になじみ深い魚だ。学校の給食の献立にもあるしアレルギーがある人以外一度は口にしたことのある魚だと思う。しかし大分県別府市のとあるお店で出されるサバは、今まで食べてきたサバの常識をくつがえすとんでもなく美味しいサバだった。大分といえば通常は回遊する魚であるアジやサバが豊予海峡で根付き、佐賀関で水揚げされる『関サバ』や『関アジ』が有名だが、ここでは店主が自ら釣ってきた関サバや関アジをリーズナブルに味わうことができるのだ。値段は少々張るが、3人でシェアしても十分な量だったのでそれを考えると安いかな。ここで出されるサバは見た目から私が知っているサバではなかった。皮目の部分はサバの模様があるのだが、身はまるで一級品のブリのように脂がのっている。他では間違いなくお目にかかれないシロモノだと思う。醤油をつけて一口食べると「今まで食べていたサバは何だったのだろうか」と、かなりの衝撃を受けてしまった。生涯この味を忘れることはないだろう。

大間のマグロ

大学時代の友人から突然大間でマグロ釣りをするのだけど一緒に行かないかと誘われた。もともと釣りが好きで以前はその友人と色々なところに出かけたものだ。海釣りの中でもマグロといえば、最強の相手!二つ返事でついて行くことを決めた。青森空港から1時間半の小泊を基地として3日間の釣りが始まる。漁船は2艇、今回はマグロ釣りの達人として地元ではちょっとした有名人のおじさんが一緒だ!おじさんにマグロ釣りのノウハウや体験談を聞きながら準備をする。しかしおじさんが来ると近所の人たちが寄ってきて撮影会が始まってしまった。ひとまずこの日は準備で終了。おいしいマグロ料理の夕食を味わいながらおじさんにマグロについて語ってもらった!さすがは達人参考になることばかりだ。次の日は早朝から船に乗り込んで漁を開始する予定となった。マグロは基本一本釣で捕獲し鮮度を保つため素早く冷凍しておかなければならないらしい・・。初心者の下働きとはいえど、どうかしくじりませんよーに!!