カテゴリー別アーカイブ: ブログ

信長を苦しめた男達~第三次信長包囲網~ⅱ

それにしても織田信長、「どこまで嫌われているんだよ」とツッコミたくなってしまうくらい敵が多い。そして、裏切りも多い。対立や裏切りは戦国時代には当然のことだったが、信長の嫌われっぷり、裏切られっぷりは少しかわいそうになるくらいだ。思いつくだけでも箇条書きにしてみると…
・実弟の信行にバカ扱いされ家督を狙われて対立。
・信行の家臣が信長側に寝返ったため重用していたのに、「やっぱり信行様のほうが…」と謀反を画策される。
・傀儡にしようと思って擁立した将軍にコソコソ画策されて信長包囲網を形成される。そしてそれに応える武将多数。
・外交手段にと温存していた美人な妹を嫁に出してまで味方にし、可愛がっていた義弟に「昔からの同盟のほうが大事だから」と裏切られる
・一度謀反を起こした家臣(松永久秀)を許したのに、また謀反を起こされる。
・織田軍の団長にするほど重用した重臣に反旗を翻される。
・贈り物をしまくって「これでうちがすることには目を瞑っていてください」とペコペコしていた相手(武田信玄や上杉謙信)に挙兵される
・信頼していた重臣・明智光秀に謀反を起こされて殺される。
このように信長は何度も家臣や同盟国から裏切られている。しかし、“冷酷・残忍”というイメージを持たれている信長、実はそんな裏切り者を許すことも多かった。先に述べた松永久秀などは二度目の裏切りの際にも「平蜘蛛(有名な茶器)を渡したら許してやる」と言っている(松永はそれに反して平蜘蛛もろとも爆死してしまったのだが…)。また、信長がかなりショックを受けた裏切りの相手・浅井長政に対しても、再三降伏するように勧めている。お市の方の身を案じたこともあるだろうが、長政を高く評価していたこともあるのだろう。その他には、鬼の柴田で知られる信長の重臣・柴田勝家も、元は信長と家督争いをした信行の家臣だったところを信長に許され、召し抱えられた人物である。おそらく信長は、「たとえ謀反を起こすような奴でも、有能な人材は手元に置いておきたい」という考えだったのではないだろうか。そのせいで周りを固められて四面楚歌状態になったとしても、それを打ち砕く運も力もあったため、信長は戦国時代を生き抜いてこれたのだろう。

それにしても、三日天下と言われた光秀をはじめ、信長を倒そうと躍起になっていた多くの武将たちが天下を取れず、結局天下を統一したのは信長を一度も裏切ることなく尽くした羽柴秀吉と徳川家康であったという事実は、二人に天下人としての器があったとはいえ、何か運命のいたずらのようにも感じてしまう。

信長を苦しめた男達~第三次信長包囲網~ⅰ

武田信玄の死をきっかけに厄介だった将軍・義昭や越前の朝倉氏、近江の浅井長政を退け、第二次信長包囲網の瓦解に成功した信長だったが、まだ危機を脱したわけではなかった。信長にとって特に厄介な敵である石山本願寺とは決着が着いていないし、武田氏も、信玄は死んだものの息子の勝頼も有能な武将である為油断はできない。義明も、追放したものの将軍の地位を剥奪したわけではない。そして案の定、義昭がまた画策するのである。

今度の義明の呼びかけに応じたのは、いつものように本願寺。そして武田氏、中国の毛利氏、そして越後の上杉謙信までもが反信長の旗を掲げたのだ。本願寺だけでも厄介な敵であるのに、長年武田信玄と争った上決着の着かなかった程の強さを持つ上杉謙信まで加わってしまった今回の包囲網も、信長を苦しめた。本願寺との戦いでは信長自身も負傷するなど苦戦を強いられ、優勢に立ったと思ったところで上杉や毛利が本願寺を援護したり謀反が起きたりと、信長はさぞイライラさせられたことだろう。

しかし、この包囲網もまた、ある人物の死によって綻びを見せる。上杉謙信である。ライバル武田信玄同様、信長との戦いが続く中病死してしまったのだ。これによって起こった家督争いによって上杉氏は後退し、信長に有利な戦況となった。上杉氏同様本願寺へ補給を行っていた毛利氏にも勝利して補給路を絶ったことによって、本願寺はようやく陥落。武田氏も新当主勝頼が自害したことで陥落。残るは辛うじて戦いを続けているものの劣勢に立たされている上杉と毛利のみ。となったところで、なんと信長は本能寺の変で明智光秀に倒されてしまった。こうして、三次にまで渡った信長包囲網は、側近の裏切りという意外な形で幕を閉じたのだった。                                   ……つづく

信長を苦しめた男達~第二次信長包囲網~ⅱ

つづき……
一方、三河に侵攻していた信玄の足が止まる。かねてより持病を患っていた信玄が死去したのだ。この信玄の死は「三年は死を隠せ」という信玄の遺言によって伏せられていた。そのため、信玄の死を知らない義昭は「自分のバックには信玄がついている」

と思い、講和からわずか3ヶ月で再び信長を攻めようと挙兵する。しかし、待てど暮らせど信玄は信長を攻めない。そして篭城していた義昭は信長に攻め込まれ、追放されてしまう。

義昭を追放した信長は、その勢いのまま小谷城を包囲して浅井氏を追い込むと、援軍に来た後密かに撤退しようとした朝倉軍を追撃。越前まで攻め入ると、当主・朝倉義景を自害に追い込み、そのまま小谷城に攻め入って浅井長政も自害に追い込んだ。こうして、信玄の死をきっかけに第二次信長包囲網は崩壊したのだった。

もしも信玄が病気でなかったら、信玄は信長を倒して京へ上洛を果たしていたかもしれない。おそらく信玄にとっても、最期の侵攻は自分の体が保つかどうかの賭けだったのではないだろうか。信玄亡き後、武田家の勢力を維持できる程の力量が息子の勝頼に無いと思ったからこそ、最後に武田家にとって邪魔となる家康や信長を排除しようと動いたのかもしれない。信玄が自らの死を三年は秘すように命じたのも、自らの死後、武田家がどうなるか予想できたからだろう。その後、平安時代から続いた武田家は勝頼の代で滅びることとなる。

そもそも、越後の上杉謙信がいなければ、信玄はとっくに天下を統一していたかもしれない。信玄が病気でなければ、勝頼に信玄に劣らない力量があったら…様々な要因で、武田氏は信長に勝つことができなかった。逆にいえば、そこまで多勢に包囲されながらも生き延びた信長は、実力だけでなく運にも恵まれたということなのだろう。

信長を苦しめた男達~第二次信長包囲網~ⅰ

第一次信長包囲網が瓦解し危機を脱した信長であったが、反信長勢力がいなくなったわけではない。信長のおかげで将軍になれた足利義昭でさえも、実は反信長勢力の一人。せっかく将軍になったのに信長に利用されるばかりで権力など無い状態に不満を抱いた義昭は、反信長勢力に密書を送るなどして打倒信長の機を狙っていた。浅井氏・朝倉氏・三好三人衆・石山本願寺・延暦寺・六角氏などがこれに乗って反信長の旗色を示し、第二次信長包囲網が築かれた。これにより、信長はその鎮圧に奔走することとなる。

まずは近江の佐和山城を落とし、本願寺方の長島一向一揆を制圧。そして有名な比叡山延暦寺の焼き討ち(女子供まで容赦なく大虐殺したと言われる延暦寺の焼き討ちだが、近年、延暦寺には人がほとんどいなかったのではないかと言われている)を行って反信長勢力を潰していった信長だが、松永久秀などの家臣の裏切りにも遭い、「あっちを倒してもまたこっちから敵が出てくる」という余裕の無い状態であった。それでも少しずつ制圧し、包囲網を崩していった信長だったが、ついに戦国最強と恐れられる甲斐の武田信玄が挙兵する(ただし、挙兵の理由は定かではない)。かねてより信玄に狙われていた同盟国である三河の徳川家康の危機であったため援軍を送った信長であったが、三方ヶ原の戦いで徳川軍と共に惨敗する。家康の空城の計(あえて城の門を開けて敵を招き入れるようにすることで、逆に敵に警戒させて退却させる策)でかろうじて浜松城を取られずに済んだが、徳川・織田は窮地に立たされてしまう。

この状況を喜んだのが、将軍・義昭。「信長やられた!今がチャンス!」と挙兵。遂にこれまでの密かな反抗ではなく、明確に反信長の意思を示したのだった。講話を申し入れた信長だったが、義明はこれを拒否。そこで信長は京へ向け出兵するものの、天皇の命によって講話することとなる。                   …つづく

信長を苦しめた男達~第一次信長包囲網~

戦国武将と聞いて多くの人がまず思いつくのが織田信長だろう。天下統一を目前に家臣である明智光秀に討たれた信長だが、その本能寺の変以前にも何度が窮地に陥ったことがある。その中でも特に信長が苦しめられたのが、各国の反信長勢力による蜂起―“信長包囲網”が敷かれた時である。

次々と勢力を拡大していき、将軍を擁して京への上洛を果たした信長。時の将軍足利義昭を傀儡にし、将軍の後見人として益々権威を振るうようになった。そんな折、将軍の名目で信長上洛に合わせて各地の大名にも上洛するよう促したところ、越前の朝倉義景がそれを無視するという事件が起きた。将軍家との親交が深い朝倉家が、将軍の命令を無視してまで上洛しなかったということは、信長への反抗の意思表示ということである。これに怒った信長は、朝倉討伐のため越前に向けて遠征したのだが、途中の金ケ崎で、盟友であった北近江の浅井長政の挙兵が発覚した。この浅井長政、信長の妹のお市の方を妻とする、信長の義弟で信長からの信頼も厚い人物だった。しかし、信長との関係が強い一方で朝倉氏とも長年の盟友関係であったため、同盟の際に「朝倉と対立しない」という条件を付けていたのだ。しかし、信長はそれを破って朝倉攻めを実行。信長としては、長政が板挟みにならないよう配慮し、「今回の朝倉討伐に浅井は無関係」と思わせるために浅井家に了承を得ず朝倉攻めをしたと言われているが、同盟国同士が争っているのに我関せずではいられないもの。悩んだ長政は古くからの恩を重要視する父・久政からの勧めもあり、「朝倉と対立しない」という約定を無視し、同盟関係を反故にしたのは信長の方だと判断。信長に反旗を翻したのだった。

この時、お市の方が信長に両方の口を縛った袋に入れた小豆を陣中見舞いとして送り「袋のねずみ」=長政が裏切って信長を挟み撃ちにしようとしていると知らせたと言われている。長政の裏切りを知った信長は大勢の兵を置いて大急ぎで美濃へ退却。これを金ケ崎の退き口という。この時殿軍を務めた秀吉はひと月も掛けて必死で逃げ帰り、名を挙げることとなる。

辛くも難を逃れた信長は、目をかけていた義弟に裏切られたことで激怒。元亀元年(1570年)4月に金ヶ崎を撤退した信長は、同年6月に姉川の戦いで浅井・朝倉軍を撃破。浅井・朝倉の行動範囲を狭めることに成功した信長だったが、この機に乗じて信長を討とうとする勢力が信長を苦しめはじめた。まず、8月に三好三人衆が反信長を掲げて摂津で挙兵。それを叩こうと挙兵した信長を、石山本願寺の法王・顕如が攻撃し、さらには浅井・朝倉軍も再挙兵。加えて以前からにらみ合っている近江の六角氏もいるという、四面楚歌状態。第一次信長包囲網と呼ばれるこの包囲状態によって、信長は重臣・森可成(信長の小姓として本能寺で最期を共にしたことで有名な森蘭丸の父)、信長の弟の信治が討ち死にするなどの痛手を負ったものの、雪が降ると侵攻が難しくなる浅井・朝倉と12月に朝廷や将軍の手を借りて和睦することに成功し、第一次信長包囲網は瓦解することとなった。

越前指物

福井県、越前は越前ガニをはじめとする様々な海産物が有名であるが、伝統工芸品も有名なものが多数ある。越前指物もその一つである。指物というのは、釘などの接合具を使わずに板と板、板と棒、棒と棒を組み、さし合わせる仕事のこと、またその技法を使って作られた箪笥や什器、調度品、建具などの製品のことをいう。越前市には「タンス町」があるほど家具、建具の製造販売が盛んなのだという。国指定伝統的工芸品の越前箪笥や武生箪笥、武生唐木工芸、武生唐木指物などが有名である。越前箪笥はケヤキやキリなどの無垢材を主な材料として作られる箪笥で衣装箪笥、帳場箪笥、水越屋箪笥、手許箪笥などとして使われている。伝統の指物技術で組み立てられ表面に漆をかけて鉄製の金具を取り付ける重厚なつくりの箪笥であるが、それでいてどこか素朴で心のこもった仕上がりの箪笥であると評されることがある。越前では幕末から明治初期にかけて多くの指物師が活躍し、また明治末期から大正初期ごろには製造業といわれる企業体制が成立したといわれている。越前武生の木工(指物)の歴史は古く、江戸時代から明治初期に能面などの工芸的な仕事をしていたものや農業の中の器用なものがお膳風呂、板戸などを作っていたのだが、そのうちにこれが専業化されていって指物師として旦那衆の家に出入りするようになったのが始まりだという。平成25年には「越前箪笥」が国指定伝統的工芸品にも指定されるなど、その伝統は今でもなお受け継がれている。また、「木のぬくもり」「手作り」「本物の良さ」を基本に伝統技術、技法を代々伝承していっている一方で新しい商品の開発に取り組むなどしてさらなる越前指物の発展も図られている。古くからその地方に伝わる伝統を代々受け継いでいくことはとても重要なことであるが、ただ伝統をそのまま次の世代に伝えていくだけでなく、自分たちの世代で昔の人々が作り上げてきた技術を使用し、さらにすぐれたものを作り上げていこうという精神がとてもすばらしいように思う。

理想の上司!?松平春嶽ⅱ

人の上に立つ人物にも関わらず自分を無能だと言ってしまえる春嶽の謙虚さが、多くの才能を見出し、日本を変えるきっかけの一つになったと言えるでしょう。実際春嶽は江戸幕府政治総裁職という重役に就いているときに、ただの脱藩浪士に過ぎなかった坂本龍馬と面会し(どのような伝手で面会したのかは不明)、勝海舟への紹介状を渡したという記録が残っています。春嶽はまさしく、幕末の日本のキーパーソンの一人だったのです。

春嶽の元には、先述した中根雪江をはじめ、由利公正、橋本左内、横井小楠といった革新的思想を持つ才能溢れる人物が側近として重用されていました。彼らにとって春嶽は、身分などに捉われず意見をきちんと聞いて、考え、判断してくれる、非常に仕えがいのある主君だったのではないでしょうか。現代の会社組織に置き換えれば、新人の意見にも軽んじることなく耳を傾け、良いと思えばきちんと評価し、ポストを与えてくれる。しかも成果を上げても「私は皆の意見を聞いているだけだよ。」と謙虚な上司…といったところでしょうか。こんな上司なら、人材が伸びる良い会社になりそう。私もこんな上司に仕えてみたいと思ってしまいます。

理想の上司!?松平春嶽ⅰ

才能を見抜いて活かす名君の目”松平春嶽”
ペリー来航で国中が大混乱に陥り、「攘夷!?開国!?どうすればいいんだ!?」と幕府でも各藩でも意見が入り乱れていた幕末。そんな中で確固たる指針を持って積極的に動いていた藩の一つが越前藩でした。そんな越前藩を動かしていたのが、藩主松平春嶽(慶永)。春嶽は土佐藩主山内容堂、薩摩藩主島津斉彬、宇和島藩主伊達宗城(むねなり)とともに四賢候に数えられるなど、名君として有名です。越前藩は開国派として活躍した藩ですが、実は春嶽、元々は攘夷論者でした。ではなぜ攘夷論者であった春嶽が開国論者に変わったのか?そこに、春嶽が名君たる理由があるのです。
元は攘夷論者であった春嶽を開国論者に変えさせたのは、側近の中根雪江でした。攘夷論者である藩主に開国論を唱える中根もなかなかですが、部下に言われて「それいいね!」と意見を変えてしまえる春嶽は、この時代には珍しいほど柔軟な人物でした。かといってただ単に人の意見に左右されやすく、自分の意見の無い人というわけではありません。
そんな春嶽の有名な座右の銘が以下の文。

『自ら反(かえり)みて縮(なお)からずんば 褐寛博(かつはんばく)と雖(いえど)も吾懼(おそ)れざらんや。自ら反みて縮かれば 千万人と雖も吾往いかん』

これは孟子の書に「孔子が語った言葉」として書かれているものです。現代語に訳すと「自らを省みて反省するところがあるならば、相手が卑しい身分の者であっても恐れる。自らを省みて反省することが無いならば、相手が千万人といえども私は立ち向かう」といった意味になります。つまり、「自分が間違っていると感じれば反省し立ち止まり、自分が正しいと感じれば突き進む」と春嶽は言っているのです。
また春嶽は「我に才略無く我に奇無し。常に衆言を聴きて宜しきところに従ふ(自分には才能も知恵も不思議な力もない。常に人々の意見を聞き、良いと思うことに従うだけだ)」という言葉も残しています。
…つづく

”越前ガニ”買いに行きたいな!

私が越前と聞いて思い浮かべるのはもちろん大好きな“越前ガニ”ともう一つ“越前和紙”です。越前和紙は日本に数ある紙の産地の中でも歴史が古い方で、1500年にもなるそうです。全国でも唯一の紙祖神「川上御前」を祀る岡太神社・大瀧神社があり、今でも紙を生業にたずさわる里人の方々の心のよりどころとなっているそうです。神様ということではなく紙漉きの業を伝えて下さり、今の越前の生業の基をお授けになられた紙祖の神業として尊崇しているとのこと。越前の方の人柄をあらわしていて、とても素敵ですね。

日本が世界に誇る国宝や重要文化財の復元や保存を支えているのが越前和紙で、越前和紙産地の特色の一つともいえるのでしょう。日本初の紙幣(藩札)から始まる日本の紙幣の歴史と共に歩んできました。薄くて丈夫、水にも強い越前和紙は技術向上もあって印刷にも適して「黒ずかし」など偽造防止にも優れていたんだそうです。技術の高さも分かりますね。

越前和紙の里や卯立の工芸館というところに行くと本格的な「流し漉き」体験ができるそうです。美濃和紙の紙漉き体験が楽しかったので越前でも是非やってみたいですね。

福井県はいいところばっかりですね。私の大好きな魚釣りができ、そば道場で大好きなそばを打ち、民宿で美味しいお刺身をたくさん食べ幸せ~。越前ガニ解禁になったから今度は蟹屋さんへ”越前ガニ”買いに行こうかな!

橋本左内に学ぶⅳ

さて家定が将軍に就いてから始まった継嗣問題は、5年後の安政5年に突如として終わりを告げました。彦根藩主井伊直弼が大老職に就き、独断で世継ぎを慶福に決めてしまったのです。更に井伊は勅許の無いままアメリカと不平等条約である日米修好通商条約を結んでしまいました。

これに怒った慶喜、春嶽、斉昭らは登城して井伊を詰問しましたが、不時登城として謹慎処分に処されました(慶喜は登城日だったにも関わらず)。ここから安政の大獄が始まります。井伊はその後一橋派を次々と弾圧し、百名以上を処罰しました。

このとき、共に奔走した西郷隆盛は奄美大島へ逃げ延びることができましたが、継嗣問題に関わった罪で左内は逮捕されてしまいます。そして小塚原刑場で斬首となってしまいました。おそらく継嗣問題以外にも討幕派ではないものの幕府の独断ではない政治を唱えたことも原因だったのではないでしょうか。西郷は左内の死を嘆き、後に西南戦争で亡くなった際には懐から20年以上前の左内からの手紙が見つかったそうです。

左内の処刑から1年半程経った安政7年に桜田門外の変で井伊が水戸の浪士に殺害され、安政の大獄は終わりを告げました。井伊は井伊で、左内同様「国が一大事の時に世継ぎ問題などで揺れている時ではない」と思い、慶福を将軍にと決定したのかもしれません。修好通商条約も、頑なに拒否し続けて多くの国から狙われるよりも、新米に絞ったほうが良いという考えだったとも言われています。国内の混乱を避けるために反対派を一斉に弾圧したとも言われていますが、そうだとしても酷い弾圧であったと言えるでしょう。

もしも左内が安政の大獄で処罰されなかったら、日本の歴史は変わっていたかもしれません。しかし、左内の目指した国の形は残された人々に受け継がれ、左内と志を同じくするもの達の活躍によって日本は欧米列強の植民地とならずに済みました。

現在の日本も財政問題や憲法改正、TPP、隣国との問題など、様々な内政・外交問題によって混乱状態にあります。もし左内が今の日本を見たら何と言うでしょうか…。現在は選挙の投票率も下がり、政治に無関心な若者が増えています。また、愛国心を持つと「右傾化だ!」と言われるような風潮にもあるように感じます。先進国だと驕らず、敗戦国だと卑下せず、左内やその同志のように、「日本はこうあるべきだ!」という強い志や国を憂う心をもった若者が増えなければ、日本は発展せず他国に追い抜かれる一方になってしまうのではないでしょうか。現代の若者にこそ、幕末に命がけで国を守ろうとした橋本左内のような人々のことを深く知ってほしいと願います。